若さの渇望‥。

メニュー
 >   > 
カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

2018年03月14日(水)


若さの渇望‥。 [スタッフ日誌]

年々、老いゆく我が身体。 顔にシワが刻まれ、手の甲には小さなシミが点々と‥。 新陳代謝を繰り返しながらも細胞レベルの回復力は確実に衰え、小さな怪我の傷も完全に綺麗には治りません。 年をとると肉も垂れていきます。 弛んだお腹を見つめながら涙が止まりません‥。 必死で抗いながらも変えられない現実をまざまざと突きつけられ、あの頃は良かった‥と、現実から目をそらしながらも一日一日と確実に死へのエスカレーターは私を下へと降ろして行きます。 肌細胞は仕方ないとして 体力と頭だけは守る為に日々のジョギングだけは欠かしません。 適度な有酸素運動は持久力upと、脳に新鮮な血液を送る為 思考力と記憶力のupが科学的に立証されております。 実際に世のエグゼクティブは適度な運動をされてる方が多く、それは"島耕作"でも立証されております。 "島耕作"は課長時代から女性にはモテながらも運動はイマイチで判断力の鈍いところがありましたが、部長時代からはジムやゴルフとアクティブに変わり、その後はご存知の通り、会長職にまで登りつめました。 下の方も現役で お爺ちゃんなのに今も"大町久美子"を抱きます‥。 誰もが認める完璧な男"島耕作"。 誰でも抱く"島耕作"。それでも、躊躇した彼を私は知っています‥。

画像(320x104)
画像(120x120)

ページのトップへ