イワ岡越前‥。

メニュー
 >   > 
カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

2018年07月09日(月)


イワ岡越前‥。

ある所にイワオがいました。 イワオの実父は大分ですが、どういうわけか父親を主張するまぁ君とハヤがいました。 双方共に 「私こそがイワオの父親だ」と、頑として引かない様子です。 二人の争いはとうとう収まらず、ついにイワ岡越前の奉行所で白黒付ける事になりました。 イワ岡越前は二人にこう提案しました 『イワオの金玉を一個ずつ持ち、それを引っ張り合いなさい。 勝った方を父親と認めよう。』 その言葉に従い、二人は金玉を引っ張り合いました。 当然ながら引っ張られたイワオはただではすみません。 たまらず「痛い、痛い!」と叫びました。 すると、その声を聞いて哀れに思ったか、ハヤが手を離してしまいます。 引っ張り合いは終わり、引っ張りきった方のまぁ君は嬉々としてイワオを連れて行こうとします。 が、イワ岡越前はこれを制止します。 『ちょっとまて、イワオは手を離したハヤのものだ』 引っ張りきった方のまぁ君は納得がいきません。 なんせ、自分は引っ張り合いに勝っているのですから。 当然、こちらの親は食い下がりました。 しかしイワ岡越前は 『私は「引き寄せた方が勝ち」などとは言っていない。 それに、本当の親なら、イワオが痛いと叫んでいる行為をどうして続けられようか』 と言いました。 イワ岡越前は、親の持つ愛情をしっかり見切ったのでした。 しかし、イワオは根っからのドM体質だったのでタチが悪い。 『こっちがいい』と、まぁ君の手を引き帰るのでした。
これにて一件落着。 なんだかな〜

画像(205x200)
画像(120x120)


ページのトップへ