健康で文化的な最低限度の性活。(ハヤ就職編)

メニュー
 >   > 
カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

2018年11月08日(木)


健康で文化的な最低限度の性活。(ハヤ就職編) [スタッフ日誌]

市役所に就職したハヤは、福祉事務所生活課に配属される。 生活課とは生活保護受給者の面倒を見るというややハードな職場である。 社会福祉制度に全く知識をもたないハヤは配属先に不安を覚えるが、配属早々、上司である ぶちょから110世帯の担当を任されてしまう。 ぶちょに助けられながら、必死に仕事を覚えていくハヤだったが、不正に生活保護を受けながらデリヘルを呼ぼうとしているイワヲを二番町で見かけては鉄拳制裁、 まぁ君から虐待を受けていることをうかがわせる子供と出会えば まぁ君を崩しからの踵落とし、 精神的に追い詰められたイワヲからの朝方の無言電話など陰湿な嫌がらせを経験していく。 やがて、ハヤはケースワーカーとしての自覚を深め、空手を通じてイワヲやまぁ君をまともな大人へと導いていくのであった‥。

画像(216x320)・拡大画像(271x400)

ページのトップへ