パブロフのイワヲ‥。

メニュー
 >   > 
カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

2019年01月04日(金)


パブロフのイワヲ‥。 [スタッフ日誌]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

今、私は試されている‥。
昨夜から、ハヤが灰皿に残した一本のタバコ。
「良かったらどうぞ!」と残されたタバコ‥。
この一本に火を点けた瞬間、今まで耐えてきたものが全てリセットされる。
タバコを辞めて思ったが、寝起きや午前の手持ち無沙汰がタバコへと誘惑する魔の時間だ。
それと同時に嗅覚が鋭くなる。
「あれっ?まぁ君、う○こした?」
『なんで分かるの?』
まぁ君のシャツからホワ〜と漂う匂い‥嗅覚が犬並みに研ぎ澄まされているのが分かります。
吸いたい!という衝動を抑えるためにタバコの匂いだけ嗅ぎ、深く深呼吸。
(誰も見てないし、吸っちゃいなよ‥)
私の中のワルオさんが囁きます。
「いや、誰もいなくても俺が見てる!」
男が一度口にした以上、簡単に撤回は出来ません!
その程度の気持ちなら、最初から言わなければ良いのです。
喫煙者の心無いイタズラが私を苦しめる‥。
今、私は唇を噛み締め、ハヤを心の底から恨みながら耐えております。

吸いたい‥吸いたい‥

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

ページのトップへ