進化と退化

メニュー
 >   > 
カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

2019年08月09日(金)


進化と退化 [スタッフ日誌]

ココロの友、カトちゃんです♪



皆さん知っていましたか?


人間は昔、目が三つあったらしいです!!!!!!

マジ―――(゚д゚ノ)ノ―――!


実じつは名残が私たちの身体に残っているのです!!!

脳の中央にある松果体(しょうかたい)がその名残だそうです。


その名の通り、松ボックリみたいな形です。

内分泌器官の一つで松果体ですが、主にノルアドレナリン,ヒスタミンなどのほかメラトニンと呼ばれるホルモンを分泌します。


下等動物では光を感じる器官で,動物の日周運動に関係あるそうです。



感覚が鋭くなるとオーラがみえたり、未来が見えたりする人もいるそうです!


哲学者ルネ・デカルトは、肉体と精神をつなぐ場所=魂の在りかとして、この松果体の研究をしていたそうです。


・・ということは、人間は退化していってるということなのか?
   尻尾もそうですよね?

元々は人間も尻尾があったのに、進化の過程で尻尾がなくなっていったけど、明らかに尻尾があった方が便利だったとボクは思います。



スタッフまぁくんは、その気になれば壁も透視 して女の子の着替えも見れるし、競馬の未来の結果もわかるそうです。

  ( ´・ω・)ノ オイ
壁が透けちゃうなら、女の子も透けちゃうんじゃないのか?


画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ページのトップへ