ビーナスプレイス(松山 風俗・愛媛ヘルス)のスタッフブログ

メニュー
 > 
カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

2018年10月16日(火)


戻ってきた‥。 [スタッフ日誌]

修理に出して一週間‥。 やっと車が戻ってきました。
一週間のバス通い‥。 これでやっと、人目を気にせず遠出が出来ます。
とべ動物園にも行けます。 ドンキホーテにも行けます。 深夜にシンク書店にもメディア館にも行けます。
取り敢えず、今日は衣山のマクドナルド→TSUTAYA→ビール買って帰って、部屋で休みを満喫したいと思います。

画像(310x320)・拡大画像(320x330)

↓スタッフ募集中

画像(120x120)

2018年10月15日(月)


憎まれっ子世にはばかる‥。 [スタッフ日誌]

VPにまぁ君と言う、とんちで評判のスタッフがいました。 ある日の事。 てんちょが会社からマセラッティをもらいました。 それを欲しそうな目で見ていたまぁ君に、てんちょが怖い顔で言いました。 「まぁ君よ。これはな、ミッション車と言う、非常に運転の難しい車じゃ。 オートマ免許で決して乗ってはいかんぞ」するとまぁ君は、ニッコリ笑って、「はい、絶対に乗りません」と言いました。 「そうか、そうか」てんちょはそれを聞いて、安心してコンビニに出かけました。 てんちょがいなくなった事を知ったまぁ君とハヤは「えっへへへ。 ミッションが難しいだなんて、よく言うよ。 一人占めしようたって、そうはいかないよ」と、早速まぁ君が試運転しますが失敗して事故ってしまったのです。 「ああ、やっちゃった」 「まぁ君。こんな事をして、てんちょに叱られないか?」 心配するハヤに、まぁ君はニッコリ笑うと。 「大丈夫、大丈夫。 僕に良い考えがあります。 実はですね・・・」さて、それからしばらくして、てんちょが買い物をすませて帰って来るのが見えました。 すると、まぁ君は目元をツバでぬらすと泣き真似をしました。 「えーん、えーん」 帰って来たてんちょは、まぁ君が泣いているのでビックリ。 「こりゃ、何を泣いておるのじゃ? まぁ君、これはどうした事だ?」するとまぁ君が、泣きながら言いました。 「えーん、えーん。 てんちょの・・・。 てんちょの大切なマセラッティを、イワヲが無理やり動かそうとするから止めたんですけど聞かなくて、勝手に事故してしまいました」 それを聞いたてんちょは、頭をポリポリかきながら、「そりゃ、仕方ないな」 と言い、訳の分からぬまま何故かイワヲが詰められ、3ヶ月の分割で給料から引かれることになりました‥。 とさ。

画像(320x182)

2018年10月14日(日)


Finally(やっと‥) [スタッフ日誌]

遡ること一月半前‥。 車の走り出しにファンベルトがキュルキュルうるさかったのでオートバックスで直してもらってから、信号待ちの停車中にスッとエンストするようになり、 (あれっ?) と思い、ギアをPに入れエンジンを切り、掛け直すとブルンッと普通に掛かる。 そんな事が何度か起こり、段々と周期が縮まり、毎回どこかで止まったり、走行中でもスーッとエンジンが落ちるようになり、 (これはヤバイ) と、ディーラーに持って行く。 プラグが磨耗してるのと、コイルの可能性あるからと、取り敢えずプラグを換えるがまだ落ちる。 もう一度持って行き症状を細かく伝え、オルタネーターやコイルやら色んな可能性から見てもらい、カムシャフトポジションセンサーの故障が発覚。 購入と工賃込みで7000円弱‥。 最悪、オルタネーターだったら5〜10万は覚悟してましたが、一部交換でいけると聞いて安心しております。 まだ、手元にないので実際走らせないと分かりませんが、皆様も車の故障は町工場よりディーラーの方が安上がりらしいので覚えておいて下さい。 そして、私の車内にはデリヘル時代に女子に手渡していたローターがいくつか積みっぱなしだったので、きっと見られていることでしょう‥。

画像(220x293)

2018年10月13日(土)


ニセ・アントニオ猪木‥。 [スタッフ日誌]

画像(320x320)

VPに"まぁ君"と言う、とんちで評判のスタッフがいました。 まぁ君が店のスタッフたちと掃除をしていると、近くの家のおかみさんがやって来て言いました。 「スタッフさんたち。ぼたもちつくったから、食ベておくれ」 「こりゃ、うまそうだ」 「いただきまーす」 "ハヤ"が、早速ぼたもちにかぶりつきました。 すると、ガチッ!と、固い音がしました。 「なんだ?」 ぼたもちを見てみると、それは黒い石だったのです。 「おばさん! これは石じゃないか!」 スタッフたちが文句を言うと、おかみさんはドロンととんぼ返りをして、妖怪"イワヲ"が正体を現しました。 「けけけ、おいらのぼたもちは、うまかったかあ?」 「あっ! こいつはイワヲだぞ! それ、捕まえろ!」 スタッフたちはイワヲを追いかけましたが、イワヲはサイドステップとステップバックで素早く身を隠してしまいました。 「どこへ行ったのだろう?」 「店からは、出ていないはずだけど」 その時、事務所から"てんちょ"の呼ぶ声が聞こえました。 「大変だあ! みんな来てくれ!」 スタッフたちが行ってみると、事務所には一体のアントニオ猪木ブロンズ像しかないはずなのに、そっくり同じブロンズ像が二体並んでいるのです。 場所をとって邪魔で仕様がありません。 「これは、さっきのイワヲが化けているな」 まぁ君とスタッフたちが両方のブロンズ像を見比べましたが、イワヲはとても上手に化けていて、どっちが本物で、どっちがイワヲかさっぱり見分けがつきません。 「てんちょ、こうなれば鉄パイプで頭をブッ叩きましょうか?」 「いかん、本物を叩いたら大変じゃ」 すると、今まで黙っていたまぁ君が言いました。 「何を言っているのです。 見分けるのは、簡単ではありませんか。 本物のブロンズ像は、てんちょがパソコンでエロ動画を流すと、いつもチン○ンをペロリと出しますから」 そしてまぁ君は、てんちょに目で合図を送りました。 それに気づいたてんちょは、まぁ君に合わせて言いました。 「おお、そうじゃった、そうじゃった。 まぁ君、よく気が付いたな。 ‥では、早速エロ動画を流すから、どっちのブロンズ像がチン○ンを出すか見ていてくれよ」 そう言っててんちょがエロ動画を流し始めると、一つのブロンズ像がパンツを脱ぎ始めました。 「それっ、そいつがイワヲだぞ!」 まぁ君の合図に、スタッフたちはイワヲを捕まえると柱にしばり付けました。 さすがのイワヲも涙を流して謝りました。 「助けて下さい。 もう二度と、イタズラはしませんから」 「本当に、二度としないな!」 「はい、約束します」 「よし、なら許してやろう」 こうしてイワヲは許されましたが、腹いせにブログにまぁ君をネタにするようになりました‥。とさ。

2018年10月12日(金)


もう‥嫌だ‥。 [スタッフ日誌]

本日から歯医者で本格的な治療が始まりました。 先生曰く
『イワヲさん。思ったより深いし、神経取っちゃいましょう!』
「えっ、どうしても?」
『どうしても!』
「先生の腕を持ってしても?」
『持ってしても!』
「‥‥。復活の呪文とか‥」
『ありませんっ!』
結局、奥までやってもらい歯形を取り、
『あと、歯石が凄いから削っちゃいましょう!これは採りがいあるな〜』 ウィ〜ン、ウィ〜ン‥
『ほら、こんなに採れましたよ』
ゴッソリ塊を見せられました。 本日の治療が終わり、麻酔でダラ〜となった口元を隠す為、コンビニでマスクを買い、分かった事があります。 私の口臭はお爺ちゃんと一緒だということです。 長年、歯石を溜めた歯の臭いがマスクで返ってきて気付きました‥。 こんな口臭でデリヘル遊びをしていた自分‥。 これからは、毎食後に歯を磨こうと心に決めました‥。

画像(320x206)

過去の記事へ


ページのトップへ